FC2ブログ

プロフィール

Author:お茶
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

光陰矢のごとし



どこにーぃ!!?とお怒りの声も聞こえそうな
日々ですが、確実に秋へ近づいています。

毎日の午後8時過ぎの歩きタイムに聞こえる虫の音にも、
川風のなかにも、どこかひやりとした一瞬を感じます。

それにね、毎日の植木への水やりにもその気配が。
盛夏の頃、夕方にはカラッカラになっていた朝顔の土が、
ここ2、3日ほど、まだ水っ気が残っているのです!!

やっと!(^o^)/です。
いや、しかし日中はまだ油断できませんけどね。



そんななか、美術館へ行ってきました。
はるかかなたの学生時代に、微妙に引き戻してくれた作品の数々。

美術展


なかでも胸にぐっと入ったのは
「八木正1973-83の仕事」展です。
素材は木。表現も主張も最小限に抑えた、ミニマルアートの
範疇に入るものだと思います。

本音のところ(本音を話すのはかなり気恥ずかしい)、
私もそっちを好んで向いていたものだから、もう、こういう作品を見ると
時計が猛スピードで逆回りをして、どうしたらいいのか
訳が分からない状態になってしまいます。<きゃー!かっこいいー!!どうしよー!

いやあ、我に返ると恥ずかしいものですが。ポリポリ





お母さんを見てる僕のほうが、余程こっぱずかしいデス。
25日の4 アホ
(特別出演:ヒナちゃん)



スポンサーサイト
星の数ほどあるブログで、これまた無数無限大に
使われているだろう“暑い”という言葉…。

いや、まったく…(^^;)汗。

北日本から徐々に涼しい気圧団がおりて来るって、
天気予報で言っていたのはいつだった?言ってたよね?
楽しみにしていたのにぃ(泣)ー。

こんなにグデンとなるのは、生まれてこのかた初めてです。
歯も痛いし。<これはこたえる

世界の株価はがた減りなのに
体重は減らないし。<自己責任じゃ!

体育館でのトレーニングも身の危険を感じてしまいます。
自転車こぎしている間に、「あ、しんど…」と
なったらどうしよう、とか。

そんなわけでしばらくはひきこもり状態でした。
なら、ついでに仕事せんか!と自らを叱咤するのですが、

いかんせん、気持ちまでもグデン。

アカン、あかん。これでは。
というわけで、今日からしゃっきとしましょ!
背筋伸ばして。
頑張るんだ!自分。
さあ、みなさんもご一緒にっ

はい!<あ、誰もいない…




僕がついてます。
17.jpgお母さん、頑張れ!
(特別友情出演:びびちゃん)


久しぶりのお墓参り。ひとりで行く積もりが
息子が「行ける」と言ってくれたので、少し心強い(^^)。
しかしこれまでは後をついて行くのみだったので
お寺の場所もうろ覚えの頼りなさ。

ところが記憶というものは偉いもので、
「あ、そうそう。ここ、ここ」と思いながら
進んで、どんぴしゃ行き当たりました。<ホッ

日ごろのご無沙汰をお詫びしつつ花やらお水やらを
取り替えて、ちょっと気持ちに爽風が


しかしまぁ、あの猛暑!
家へ戻るとさすがにばてて、しばしソファーでぐったりする
早とちりでした…。<水分補給!塩分補給!

変わり映えしませんが、
今朝の朝顔でも。

16niti.jpgまだまだよく咲いてくれます
テンプレートを変えました!
タイトルバックはオリジナルですよー(^^)♪。

これも教えてくださったピグモンさんのおかげです。
ありがとうございます!<点々いらんから…ん?いや、これはええねん!

とまあ、吉本のりの幕開けで。
今日も猛暑です。<言うなって

涼しげな映像もなく、まずは
テンプレート変更のお知らせのみ。

ピグモンさん、またいろいろご指南、
よろしくおねがいします!



青空が広がっています。

20070808152557.jpg
きれいな空です。…ん??



20070808152603.jpg なんだ?あれ。


20070808152609.jpg あー!!これはっ

20070808152615.jpg も・もしや


20070808152632.jpg あ、ラグビーボールね


手をかざして遠くを見れば。



8niti5.jpg
はるかかなたで若者がキック練習をしていました


夏ですね。



隣町の離宮八幡宮で「アートフェスタ2007」というイベントが
いつもの歩きの時間に開催されるというので、
散歩がてら行ってみました。

暗闇を照らすのは、竹筒の中に仕込まれた油芯の灯り。
20070805215003.jpg<なんだコレ

デジカメを持っていかなかったので
携帯で撮影。これが限度です…ゼイゼイ。

そんな明度のなかで土笛や民族楽器の演奏が
行われ、境内は幽玄の世界。

しかし。
こういった油芯の灯りしかなかった
時代って、きっと…、

怪談話が怖かったでしょうねぇ。




| ホーム |


 BLOG TOP