FC2ブログ

プロフィール

Author:お茶
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

光陰矢のごとし



10月31日

無事に先週抜歯した、歯ぐきの抜糸がすみました。
舌を噛んで仕方ないです…と先生にぐちをこぼしたところ、
「しばらくやし、我慢し」と。<はーい…

いよいよ来月は手術です。
と、思えばもう10月も今日で終わりなのですね。
うーん。なんとこんな年末を迎えようとは、
年始には思いもつきませなんだ。

ま、そんなことで20071031164706.jpg
本日はあっさりと報告のみ。
ベランダにはすでにお正月の気配がしのびよって(?)います。

黄金色に輝く吊るし柿。
風情がありますねぇ。ピグモンさんのお家の柿です。

ありがとうございます。

洗濯物を干すたびに、一つ減り二つ減り…という
運命をたどるものと思われます。

あっ!
今年は(噛めないから)無理なの?!

じゃ、食べごろを冷凍するです。はい。




スポンサーサイト
夏の間、子どもたちの歓声が響いて
あんなににぎやかだった水公園も、

ワーイ♪ワーイ♪がやがや
20071030094530.jpg
かわいいなあー



20071030094423.jpg
季節が変われば、人の姿も無くなり…、

20071030094403.jpg
落ち葉が舞う閑散とした趣に…。

20071030094441.jpg
こ・こんなに、変わり果てますか!


いやいや…。ははは

実はこの水公園ができたばかりの頃のスナップが一番上。
もう23年前のことです。(遠い目…)
あの頃まだ30代!!若かったぁ。

先日また若者の試合を応援に出かけたら
なんとグラウンドのバックにかつて住んだ団地が
見えるではありませんか。<知らずに行った…アホアホ~
30.jpg

懐かしい。


思わず帰りにふらふらと記憶を頼りに
行ってみたのです。
あちこちに23年前の、子どもの手を引きながら
ママ友だちと笑っている自分の姿が。

タイムスリップした気分で眺めてきました。


あそこにも
20071030102212.jpg(地区の児童館)
ここにも
20071030102230.jpg

そして、ここにも!
20071030102241.jpg思い出発見。


あまりに懐かしくて、センチメンタルになってしまいました

はい?
試合の結果?
…完敗でした。ええ。


10月28日

水曜日はばっしです。

え!またー?という悲壮な声が聞こえてきそうですが、
(ご心配ありがとうございますm(__)m )
抜糸です。ホッ。

傷も順調に回復し、腫れもありません。
ようやく第一段階が終わったかなといったところです。

しかし。不具合は続きます。
もちろん食べることが不自由なこと以外にも。

しゃべりにくい
舌を噛む

こういう話は聞いていました。
舌はぐるりを囲む歯に沿って収まっているので、
その土手が無くなれば変形すると。
私の場合はこのように。

20071028084344.jpg

本来ならば青い線の形の舌が、
無くなった奥歯のところではみ出し、ピンクの形に
だらけて(?)しまうそうです。

もちろん歯が入れば元のようにちゃんと収まります。
今違和感があるのと同様、元の形に戻るときには
また違和感があるのでしょうが。

やってみて、初めて分かることだらけです。
これから!とお考えの方は、ぜひ参考に

しかし、思わぬときに小臼歯で舌を噛むことがあります。

痛いでっせー


10月23日

歯科医療の分野で「8020運動」が展開されています。
80歳まで自分の歯を20本は残そうというキャンペーンです。
自分の歯で噛むことは、消化を助けるだけではなく、
唾液の分泌を促し、脳の活性化にも大きな働きをするのです。

ほんとーにっ、大事なことなのです。

で、ぎりぎりの24本です…。よよ
現在のわたくし。

20071023085114.jpg さびしーっ。

昨日抜歯した左奥は、
10年以上も前から噛むことができなかった歯です。
どんな状況であったかと言いますと、
噛めば、絶対に歯茎が腫れて、上にかぶせた銀を
はずしてもらうまで、浮いた感じがとれない歯だったのです。

そこにあるだけの歯だったのです。

だましだまし使っていたわけですが、
その10年ほど前に、思い切って抜歯してしまえば
こんなにたくさん他の歯まで共倒れしなかっただろうに…。

ま、そんなことを今日は思っています。
前回ほどの痛みもなく、助かっています。


抜いた歯を見て驚きました。
本来奥歯の根は、二股に分かれているはずなのに、
その歯は、なんと根がすでにひとつになってしまっていました。
20071023091107.jpg (根より上の部分はもう無いし)


ー!!
こら、あかんはずです。<きっぱり




20071018080443.jpg

ここはどこでしょう。夕闇に浮かび上がるそのシルエット…。

東寺どす

歯の悩みを抱える私、昨日、
幽玄の世界へトリップしてきました。<おおっ

「一石仙人」、新作能です。

あの物理学者、アイン(ひとつ)シュタイン(石)を主人公にすえた
新作能の公開リハーサルがあったのです。
舞台は東寺・講堂前。
20071018080554.jpg(リハーサル中)


「目前に輝くあの星も、十万光年の過去の光」という
言葉に象徴されるアインシュタインの理論。
この宇宙観と佛教の曼荼羅の世界が融合したような…。

うーん、難解。

アインシュタインが残した「争い、破壊に原始の力を使うまじ」
という言葉で舞台は結ばれるわけですが、

うーん、崇高。

20071018080607.jpg(通し稽古では一石仙人もフル装束で登場)

厳かです。
鼓の音と地謡、シテのセリフ(?)が夜空へ吸い込まれていきます。



しかし、です。
現世の凡人にとりまして屋外の星天下でのリハーサルは
ただただ、さぶかった~、ブルブル。



20071018080619.jpg

夜空のお月様に見送られ、帰途についたのでした。


で、相変わらず腫れと鈍痛を感じる翌朝の私です・・・




10月16日

昨日、ばばばばば(ハアハア、落ち着け)、・・・抜歯でした。


なーんだとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、
最後に歯を抜いたのが親知らずですから、
もう忘れるくらい以前のことで、つまり、…あー、怖かったということで。(恥)

歯医者さんにすれば、いつもの治療なんでしょうね。
イスに座るなり、はいはいは~い♪みたいな感じで
注射ばっ、ばっとやって、あっという間に、ばきっべきっぼき!。

心境は「まな板の上の鯉」。
呪文のように繰り返し唱えた文も「 同文  」。


帰り道に打ったメールで注射を駐車と送っても
気が付かない、放心ぶりでした。



怖い気持ちって分かりますよ…。<遠い目
20071016171024.jpg
あ、びびちゃん。

びびちゃんが言うと、重みがありますね。


でも頭がプチモヒカンになってるわ。
笑わせてくれてありがとう!


…もう丸一日たちました。やっと歯茎が落ち着いてきたかな。


次回は左側の抜歯です



体を支える骨。
年齢とともにとくに女性は骨がもろくなる傾向があるとか。

そんなわけで昨日、骨密度検査を受けました。


へーぇ。だからいなかったのか。
20071011101424.jpgそう。...ん?!

頭の上でくつろぐなっ


で、おおかたの予想通り、わたしの骨は結構丈夫です。
スカっていません。<あ、若者ぶった


これ、この通り。
黒い丸印に注目ー。


20071011101248.jpg

60歳前の私。

緑の線はそれぞれの年代の平均値です。
ということはっ、ほぼ30代、40代の平均並みってことで!
ほほほー。

骨は丈夫です。
拡大解釈してインプラントを入れても大丈夫。(勝手に)


良かったね、お母さん。
25日の4


はい。ありがとうヒナちゃん。
でも、そろそろ頭から降りてね。



ヴー…ってどんな発音するんですかね。

しかし全身がまさしくヴーで、ぐーで、ぁーで、いつつ
いつかも言いましたように、今年は自治会役員。
何年も参加したことのない行事に、やたら優等生っぽく
参加しています。

そりゃもう、運動会だって。

普段の自分がそうだったように、
役が当たっていなければ、誰も参加しません。

したがって競技にだってエントリーする羽目に。
棒引き合戦、綱引き。
これって…。60前の自分がやる競技か…。
骨、折ったらどうする。腰ぐきっとなったらどうする

しかし自分よりはるかに年上のおじ様方が
仕方なくエントリーされているのですから、
せざるをえませんっ。<頑張れっ

で、結果。
なんと綱引き、我が自治会勝利!ヴィクトリー!<おおっ
棒引きは、センターへ行き着く前に相手チームに取り去られ、
むなしく立ちすくむのみ。<そらしゃーない

ま、そこまではいいのですが、
もうはや、体中が、ガタピシ言っております。<反応は若い?

う・腕に力が入らない…。
腰がかがめない。
足が痛い。
頭がぼーっとしている。
人の名前が覚えられない。  ん?途中から関係ないことを。

疲れているのですね。
こんな日は、せねばならないことの期限など
忘れて眠るのだ。そーだ、そーだ


読みたかった本をお供に、眠るのだ。
20071007195141.jpg
さりげなく、お礼です。
東京のN田さん。本当にありがとうございました
感謝感謝!
10月5日

診察日は過ぎています。
なーんか拍子抜けしちゃったので、書く気がしなくて。

その前日から緊張して
なんだか足元もおぼつかないほどだったのですが、
行ってみれば、CT検査と麻酔のお医者さんからの
健康診査があっただけで、抜歯はなかったのです。
・・・。
・・・。

「ついでに()、抜歯しよう」って、
言わなかった?
ん?勘違い?・・・そんな気もしてきた。<自信なし

真相は闇の中です。
とにかく抜歯は次回。

インプラント治療は時間がかかります。
なんたって、顎の骨に人工の歯の根が結合するのを
待たなくちゃなりませんから。
それはねー、見事に結合しますよ(調べたところ)。

だから一回予定が変わったとしても、
どうってことないです。はい。

そうこうするうちに季節はすっかり変わりましたね。
日中は暑いけど、実りの秋、来たりですよ。
20070326174101.jpg3月下旬の花梨の木です。


これが現在はどうなっているでしょうか。
後ほど写真を撮ってきましょう。どうなっているかなー



.....1時間後。。。。



20071005092520.jpgほーら、こんなにたわわに

緑だらけなので見にくいかも知れませんが、
よーく見ていただくと、結構実がみえます。



そのとき、ばったり同じマンションにお住まいの、インプラント経験者さんに会ってしまいました。
何度か体験談を聞かせていただいた先輩さんです。

「いよいよ私もするんですよー」
「あら、頑張ってね!先生によろしくね」
「どうですか。具合は」
「いいわよー。何でも噛めるわよ。骨でも食べちゃう


あ・・・。いや、骨はー…ははは
しかし、そんなに固いものまで。
ここ10何年も左側でそんな歯ごたえのあるものを
食べていません。・・・思わず妄想する私でした。
ゴクリ。









| ホーム |


 BLOG TOP