FC2ブログ

プロフィール

Author:お茶
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

光陰矢のごとし



あー、あったねえ。こんなCM!(いつの話や)

何?おばちゃん。あたしに用?
10112401nyannko1.jpg
あらら。こりゃまた、いつものニャンコロリン


そういえば、駅前で久しぶりに出会ったねー(^o^)/。
いやいや、今日は別の話でね。

ごめんね


あ、そっ。じゃあね。
10112402nyannko.jpg
どもっ


とまあ。風のように去ったニャンコロリンでした。
いつもながらお美しいお姿で


では、フミフミの話を~。
10112601hosi.jpg
わあ!こりゃなんじゃ。


いや、実はいつものパリの並木道のような万博自然公園の写真をお見せしようと頑張ったのですよ。


ところが、枝がカットされていて…。
10112501hosi.jpg
こんなお姿に・・・・。ハラホロヒレ~~。  ん?左の後姿は

いつもの面影は無く、どこにでもある並木道となっていたのでありまする。残念っ(><)。

そこで人影も少なく、閑散とした周りの状況を確認し、
えいっとばかりに落ち葉をけとばしてうさを晴らしたのでありました。
(こけて怪我するぞー!!)
それがさっきの葉っぱの写真。



えいっ!!なんで枝を切ったの!
10112603hosi.jpg
こんにゃろー!なんやねんっ! えーかげんにっ! せんかいっ!このーぉ!


ちょっと、ちょっとSTOP!



途中から、どことなく相手変わってきてへん?



ははは。なんか、つい。


ここは気持を穏やかに。
うっつくしい紅葉でもご一緒に。ハアハア…

10112604hosi.jpg
真っ赤などうだんつつじがあるかと思えば。
10112502dd.jpg
目が覚めるような黄金の一角も。
10112502hosi.jpg
水面に映る木々の美しさ。はふ~~、心が洗われるぅ。
10112503dd.jpg
おっ、結婚式の前撮り写真の撮影でしょうか。
太陽の塔に向かうカップルを発見!

敷き詰めたようなふわふわのプラタナスの落ち葉。
10112501dd.jpg
(けとばしながら歩いた←ダメヨ! のは、これ)





なんだかんだとおしゃべりしながら、
冷たい空気と、葉っぱの香りをぞんぶんに味わったのでした。




あー、よい一日でした。まんずまんず。











スポンサーサイト



あったかいですねー


どことなく体調が完璧ではないのですが、、、、
(あ、でも「なんだかな~~~」って程度でっせ



61歳になりましたーーーー!




21日。ははは

っま、めでたいっす。


そんなこんなもありまして、夏にがんばったギャラも入ったことだし(^o^)/、
こんなん買いました~~~

面白い形の綿ギャバコートです。
図(大橋歩さんの図です。きっと)も、くっつけましょね。
コート


あー、「この先いくら太っても大丈夫やね」という感想は無しネ




ところで、ところで。
この間のお能の「景清」を使って、
面白いこと考えてますよーーー。


あー、想像するだけでも吹き出しそう~~


そのうち公開ねー(^o^)/。



そろそろかなあ~~~。

最近朝晩の温度差が激しいし、もう見ごろかなあ・・・。

思い出すと居ても立ってもおられず、行ってきました!!!紅葉狩り。




まだ早かったけど




今月1ヵ月のみ公開するという「厭離庵」です。
まだ赤より青緑が多いお庭。

でもとっても素敵でした。
10111101hosi.jpg
ね、はなちゃんママ?



「うーん。そうやねえ~~~」と考え込むちゃん。
10111107hosi.jpg


百人一首ゆかりのこの庵には「時雨亭」と名付けられた茶室もあります。
同じ名前のお茶室は3ヵ所にあるそうですがネ。


そのお茶室の明かり取りの高窓を下からパチリ
10111105hosi.jpg
おー。造形的。




てなことで、帰りに地元で評判のお豆腐(普通やった)を買って
晩ご飯のおかずにしたわけでござりまする。まんずまんず。







パソコンの前に座ってはいるものの、
更新がなかなかできませぬ。  ナンデカナー


ところで肩のほうは、治療(週に1度の注射)の良い効果なのか、
肩のことを忘れているときが多いです。

これはきっといいことやと思います。
嬉しい。


そんな今日この頃、お能のお誘いがあって、ちょっぴし文化の香り高いお出かけをして来ました。


大阪の大槻能楽堂です。
能舞台
開演前の舞台とパンフレットの一部です。

演目は「景清」。
盲目の父と、探し訪ねた生き別れの娘が荒れ果てた庵で再会するしっとりとしたストーリーです。


話の運びは解説書があるのでやっと分かるのですが、
いつも感心するのは、狭い舞台を時間的にも空間的にもうまく活用する所作。

これって、ちょっとしたスペースさえあれば
ひとつの物語の起承転結ができるってことですよね。


いや~~~~~(妄想ふくらみ中・・・)。面白いっ。


なんか考えたいねえーーーー







| ホーム |


 BLOG TOP