FC2ブログ

プロフィール

Author:お茶
ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

光陰矢のごとし



10日間も会社を休み、久しぶりに出勤したら
することが山ほどたまっていました(そらそうやろ)。

工事間に誕生日が来て、一人前の高齢者になったというのに
こんなにあれこれ頼むかーーーと、不満だったりでも少し嬉しかったり。

複雑な婆心なのでありますが。。。

それはさておき、排水管の工事のついでに思い切ったこともしました。
トイレはどうせ壁紙はがしたりするので、スムーズにリフォームへ移行したのですが、
玄関の床まで思いが及ぶとは。
我ながら思い切ったなあと思います

ではどーぞ!

▼Before 
IMG_0460_201411300135020a0.jpg
ま、見慣れたいつものアパートの玄関です

それがどうでしょう!
▼After
IMG_0519_20141130013602dce.jpg
おー、広々!
というか、「広々」はリフォームでなくても片付けさえすればできたはずですがね。

花!
これはたまたま誕生日ってことで、だんなの会社が福利厚生の一環で贈ってくれたものです
福利だろうが厚生だろうが、
さすがにお花をいただくのは嬉しいっすよ。

で、たまたま古道具屋さんで見つけた古代李朝の棚がぴったり合って


・・・・・・・・え?古代?李朝?
IMG_0502.jpgじーっ!

ははは。言ってみただけ!すみませんm(__)mすみません。


まさにこれもBefore&afterです。
物置きのなかで30年間、ただの棚としてがんばってきた中古の本棚を
IMG_0485.jpg塗ってIMG_0486.jpg塗って。

IMG_0487.jpg彫ってIMG_0489.jpg彫って

nutte.jpgまた塗って、
IMG_0502.jpgそして塗った。


で、ようやく完成させた手づくり靴置きでーーーす!


李朝のものと間違われないように、(誰が
IMG_0501.jpg
ちゃーーんと名前入り^m^。 四つ葉のクローバーなんぞもあしらってみました。


リフォームの際、職人さんたちが作業されている気配につられて
創造意欲がかき立てられました(^^ゞ。



だから家にこもった(わけではないけど)10日間は楽しかったぁ。


みんな見に来てね~~~
ちなみに李朝の家具ってこんな感じらしい。(ええ加減に言ってたけど結構似てるやん)



/////付録で~~す♪////


工事でトイレが使えない間、はなちゃんママのお家に本当にお世話になりました。
ほんっまに助かりました。m(__)m

はなちゃんママのお気遣いばかりではなく、
行くたびに歓迎してくれたはなちゃんにも感謝!~


hana_20141130114205d3f.jpg
ちょいちょい現れる私に
「おばちゃん、あそぼ――」と言って大事なおもちゃをくわえて誘ってくれるはなちゃん。

ありがとうね、はなちゃん


ちなみにトイレの出来栄えはこんな感じ。
IMG_0521.jpg
腰を痛めても、よっこらしょとつかまり立ちできますよ。ははは















スポンサーサイト
15日(土)から始まりました。
マンションの排水管工事が

縦にとおっている排水の本管をそっくり取り替えます。
マンションの縦1列ごとに端から順に進んできて、いよいよ我が家の列になったというわけです。

作業中はコンクリートの壁のなかの管を取り出したりするので、
「はつり」作業などでものすごい騒音がします。

1日目は室内への立ち入りがない作業だったので
まずは上姉さんちへ避難~~~。

ついでに丹後まで足を伸ばして
201411151440000.jpg
兄貴のお墓参りに行き、

解禁されたばかりのこれも味わってきました(^_^)ウマー!
201411151400000.jpg
こっぺがに丸ごとと、お刺身が乗った海鮮丼。

おいしかった~!!

途中で気が付き、あわてて甲羅を乗せて撮った写真でおます|||l_| ̄|○l|||。

本当は甲羅のなかに1杯分の身と味噌やぎっしり詰め込んであったの。ははは


で、翌日の今日(16日・日)も、工事は休みなんだけど
はなちゃんママの買い物に付き合って出かけました。

行先は下鴨神社の近くの家具屋さん。
スーパーかっこいい下駄箱を見て(*^∀^)、
せっかくなので神社参拝へ。

こんなかわいいお馬が引っ張る馬車にものりました。
201411161316000.jpg
パッカパッカ♪。

たまたま「お白石持ち神事」をされていたので、
これもご縁ということで参加して
201411161341000.jpg
運んだ石を所定のたるへおさめました。
201411161342000.jpg
あれとこれが私とはなちゃんママが運んだ石。(わからへん)

そして、帰りには以前から一度食べてみたかった「鯖街道名物」の花折りの鯖寿司を買って、
非常に、盛り沢山な休日を過ごしたのでありました

さーて、明日からは工事の本番!
なにか(断水・トイレ使用禁止・洗面所台所排水禁止)と厳しい日々へ
突入します。

耐えるぞ。(みんな耐えてはる)頑張るぞ。
トイレ借りに、マンション友達の家をはしごするぞ!

はなちゃんママ、どうぞよろしくお願いします

あ、ちゃんチも、避難先としてお世話になるやもしれませぬ。
そのときは、どうぞよろしくお願いしますm(__)m。



鹿児島から帰る途中ね、ものすごく珍しいものを見たんだった!

飛行機から見えたものなんだけどね。

行きも帰りもとてもよく晴れていて、
とりあえず乗っている間は窓にへばりついていた状態で。

それは帰りに鹿児島から飛び立った直後のことじゃった。

晴れていたのに、一瞬黒い雲があった場所を通り過ぎたら、なんと眼下に虹が!

それも、丸い虹

まさか!まさか!と思いつつ、カメラカメラ!と準備するうちに視野から消えてなくなっちゃった!|||l_| ̄|○l|||

え、今のは幻?見間違い?え?え?

と思いつつ忘れていたんだけど、「そやそや」と思いだし、
ネットで検索したらあるわあるわ!同じ体験をした人が


こっそり画像を拝借。m(__)mみなさん、別窓でご覧ください。シーっやで

それがこれ

そうそう、まったくこんな感じ!
いやあ、一瞬見たものは見間違いではなかったんや。

飛行機が苦手なちゃん、窓からのぞいていたらこんなええもん見られるんやで~~




せっかくなので、うちが写したものも貼っときましょう。
帰路4

そしてどうがんばっても縦になる、かすむ桜島 (ノ><)ノナンデヤネーン。
sakurazima.jpg
そもそも鹿児島へ向かったきっかけは、5月に行ったときに
きりしまアートの森美術館で「秋に横●忠則展がある」ことを知ったのもひとつです。

天才ですわ、ほんまに。

兵庫にも昨年専門の美術館がオープンしていますが、
きりしまの美術館でどんな展開にするのかも楽しみでした。

というわけで、地底旅行。
yokoo1.jpg
横尾さんにとって滝は男性、洞窟は女性の象徴。
こっそりそれをのぞき見する少年ヨコヲ。

その独特の世界に我らがもぐりこむといった感じの演出です。

度肝を抜かれた入口!

水にはまるーーーうぅぅぅぅ!

004.jpg


って、何の事だか分からないほど絵が下手! (上からみたとこな。あ、トイレと違うで)


つまり、入り口のカーテンを開けると薄暗い通路が奥へ通じていて、
しかも床が鏡面だから湖の表面に足を踏み入れるような感覚に陥るのでありますのやがな。(何弁?)


四方の壁には滝のポストカードが無数に貼りこんであります。


まさに湖の底を潜り抜けて地底の世界へワープするわけです。


あ~~~~、伝わらないのがもどかしい~~~ |||l_| ̄|○l|||!


すべて横尾さん自身の演出だそうですが、とりあえず展覧会の様子は美術館のHPで見てください。
この入口のことはHPにもまったく触れてませんな。
いやあ、行ったものだけの特典といいましょうかね。

http://open-air-museum.org/events/event-2765


面白かったです(^o^)/!





戻ってまいりました!鹿児島から。

正味飛行機に乗っている時間は50分程度。

関空までの時間の方がよほどかかります。


近いもんです。安いし、気軽にふらっと(予定は何カ月もまえに立てるけど)何度でも行けますよ

で、今回いやいやながらも相手してくれたすけちゃんです(^o^)。


玄関に気配がしたので開けると当たり前のように入ってきたすけちゃん。
「おばちゃん(とちょっと違うけど、ま、ええか)、ごはん」
すけ玄関

ご飯を食べたら当たり前のように畳に上がるすけちゃん。

「この人知らん」
すけ4


指定の座布団に座るものの、居心地が悪いすけちゃん。
「どっか行ってくれへんかなあ、この新顔おばちゃん」
すけ2

・・・だんだんムスーーっ。^m^」
すけ1

「いつものおばちゃん、どこかなあ」
すけ3

「しゃーない。寝よ」
すけ5



寝たらチャンス!(寝てなくてもOKなんやけどね)


お腹もふもふ~~~わしゃわしゃ~~~!♪
すけ いややな

「うぐぐーー。眠いのにぃぃ」


とまあ、精一杯もてなしてくれたすけちゃんでした


「どこが


| ホーム |


 BLOG TOP